カテゴリ:
fortniteStWを構成する育成要素 ヒーロー 設計図 ホームベースパワー のうちヒーローに絞って説明する。

ヒーロー育成の概要
 ヒーローの育成についてはヒーローレベルと進化によるTier(★)の上昇がある。
 レベルアップはヒーローXPを必要とし、Lv10,20,30,40の時に進化素材を要求する。
 また進化はスキルツリーでアンロックする必要がある。
 進化によるTierの上昇はヒーローのレアリティ上昇ではない。

ヒーローレベルによる効果
 レベルアップによってヒーローのヘルス・シールド・アビリティの性能が上昇する。
 レベルを上昇させることで、サブクラス固有のperkがアンロックされる。
 perkはサブクラスで完全に固定されており、EPIC以上のレアリティであれば全て同じ。
 ヒーローを育てても射撃能力は強くならない。
 射撃能力を強くしたい場合はホームベースパワー編を参照の事。

ヒーロースクワッド
 fddd78c681c625a6246975caebf01a53

 ヒーローを設定する際に、3人を選ぶ事になるがセットする場所で意味合いが変わる。
 プライマリ(画面左):メインで操作するヒーロー
 サポート(画面中央):主にプライマリヒーローの能力の一部を上昇させる
 タクティカル(画面右):主にプライマリヒーローのアビリティ性能を変化させる
 サポート・タクティカルに入れたヒーローステータスの一部はプライマリに加算される。
 
 サポート・タクティカルの能力についてはサブクラスで固有となっており
 サポートについては進化させることで数値が上昇し(Tier3で最大値)、
 タクティカルについてはTier2に進化する事で効果が発動する。
 またサブクラスによってはサポートのみ、タクティカルのみ、両方持つなど特徴がある。
 両方持っていたとしてもセットしたスロットに合わせた効果しか発動しない。

レアリティ
 基本的にエピック未満のヒーローはperkの数が足りないため育てる必要はない。
 エピックとレジェンダリーの基礎ステータスの差は1割程度なので戦闘能力では誤差。
 その為、強いperkを持つヒーローであればエピックのままでも良い。
 最終的にはレジェンダリーに変えるべきだが、Lv100帯でも通用する。

ヒーローのリタイア
 不要になったヒーローはリタイアさせる事が出来る。
 既に育成していた場合は、その育成に要した素材の8~9割が戻ってくる。
 その為、育てやすいエピックである程度成長してからレジェンダリーに乗り換える
 といった方法を取ることができる。

ヒーローレアリティの上昇
426d7f1e9a50dedf19238a14e1d20e38
 毎週ウィークリーストアで売られるフラックスを消費してレアリティを上げることが出来る。
 エピック→レジェンダリーに必要な数は100個。
 週に50個購入可能で、武器や罠にも使える為、ご利用は計画的に。

 
ヒーローのリクルート
 c38f0c934052e77502260a114e01b9bc
 コレクションブックからヒーローを直接入手する事が出来る。
 フラックスの他に大量のトレーニングマニュアルを要求する。
 マニュアルの入手はレア以上のヒーローやサバイバーをリタイアさせる必要がある為
 初心者のうちは大量課金でもしないと利用できない。
 また大量課金していれば大抵のヒーローは入手出来ているので使う事もない。
 上級者がコレクションブックを埋めるために利用するシステム。