アーカイブ

2018年07月

FortniteStW基礎知識 ~ホームベースパワー編~

カテゴリ:
fortniteStWを構成する育成要素 ヒーロー 設計図 ホームベースパワー のうちホームベースパワーに絞って説明する。

ホームベースパワーとは?
ゲームにおいて一般的に使われるレベルと同じ役割。ヒーローや設計図は装備を表しており、装備×ホームベースパワーがプレイヤーの強さになると思えば良い。厳密にはステータスを上昇させることでホームベースパワーが上がる為、ホームベースパワーそのものは強さの指標となる。同じホームベースパワーでもステータスの割り振りによって強さが大きく変わる。
ホームベースパワーの最大値はソロ時125、PT時は140。
海外ではPLと表記しているため、以降はPLと略す。

PLを上げる方法
・サバイバースクワッドを育てステータスを上昇させる 影響度大
・リサーチのステータスノードを埋める 影響度中
・スキルツリーのステータスノードを埋める 影響度小
リサーチとスキルツリーに関してはノードを埋めるだけなので割愛。
以降サバイバーに関する事のみ説明していく。

ステータスの種類
・Fortitude:ヘルスの最大値と回復速度
・Offense:射撃と近接の攻撃力
・Resistance:シールドとシールドの回復速度
・Tech:アビリティとガジェットの攻撃力
それぞれの最大値は3027。そのうちサバイバースクワッドで上昇する量は2472。
強さの8割程度を占めておりプレイヤーの成長=サバイバーの成長といえる。

サバイバースクワッド
サバイバースクワッドは各ステータスに対応したスクワッドが2種類ずつ計8つある。
スクワッドに設置したサバイバーを強化する事で対応したステータスが上昇する。

サバイバーの種類
・リードサバイバー
サバイバースクワッド毎に一人だけ設置できる。リードサバイバーは対応したスクワッドと性格をもっており、対応したスクワッドに設置する事でステータスにボーナスを得る。

・サバイバー
各スクワッドに最大7名設置できる。サバイバーは性格とスロットボーナスを個別に持っておりリードサバイバーと性格を合わせる事でステータスにボーナスを得る。サバイバー同士でスロットボーナスを合わせると、対応したボーナスを得る。

サバイバーのレアリティ
リードサバイバーはアンコモン~ミシック
サバイバーはコモン~レジェンダリーまで

サバイバーの育成
基本的には経験値効率のよいリードサバイバーを優先的にレベルアップさせていく。進化にはスキルツリーによるアンロックが必要なため注意。また進化時に大きく数値が上昇するため、次のサバイバーに移行する場合は進化させてからの方が良い。
また育てるスクワッドはOffenseを上昇させるFire team alphaとClose assault combat、Techを上昇させるCorps of engineeringとThe think tankの4つを優先するべき。ヘルスやシールドを上げるより、攻撃力を上げて早く倒した方が生存能力は向上する。

その他

・サバイバーの入手方法
エピックまでであればアラートやイベントガチャから入手可能。
ミシックリードサバイバーはアップグレードラマやデイリーラマによるガチャでしか入手できず、レジェンダリーリードサバイバーとレジェンダリーサバイバーは一部のクエスト報酬で数体、ウィークリーストアでシーズンの切り替わりに1体購入できる程度であり、やはりアップグレードラマやデイリーラマで入手するしかない。

・サバイバーの性能差
 レアリティによるステータスの上昇量に差はない。
 基本的にはレアリティの高いものを選べばいい。

・サバイバースロットボーナス
 サバイバーのスロットボーナスを一定数そろえる事で少しだけ追加ボーナスを得る事が出来る。
 ボーナスの内容は様々だが得られる効果はとても低いのであまり気にする必要はない。
 優先度はトラップ耐久>その他
 トラップ耐久以外のボーナスはステータスに”加算”されるので得られる強さは1%未満。
 上級者でもセットボーナスを揃えている人が殆どいないので4マップ目までは気にしなくていい。

・サバイバースクワッドビジュアルガイド
 redditで拾ったもの。
qarv5q0hw9d11

カテゴリ:
redditに良いガイドがあったのでざっくりと意訳
原文を読みたい方はこちら
一緒に遊んでいる人たちが以前この方法を試してクリアしていたので効果的だと思う。
ただし、運ゲーである事には変わりなく、壁の誘導には多くのノウハウが必要であり
方法を知っている=クリアできる ではない事に注意


PL76+チャレンジ50をクリアする方法
クリアするために最高レベルまで育てている必要はなく、連携を取れる仲間とgas trap
そして次のサクブラスが必要。
・Demolitionist
・controller
・Sentinel Hype
最も重要な事はdecoyのクールダウンを短縮し、効果範囲が1.5タイル広い事。
ヒーローのレベルは出来るだけ高くした方が良いが、それでも3ヒット以上耐えられない。
主なダメージソースはgas trap(もちろんLv40推奨)だが、dynamoやdartsも役立つ。

お勧めのビルド
・サポート:Shuriken Master - Increases all ability damage by 10%/15%/20%.
・タクティカル:Trailblaster - DECOY periodically damages enemies within the attraction radius.

ガジェット
・adrenaline rush 
  全員装備した方が良い。味方を蘇生するために使用する。
・slow field
  最低二人以上装備した方が良い。耐久ウェーブで使用する。
・hover turret
  デコイから漏れた敵を倒すぐらい、キルカウントウェーブを少し早く終わらせられる

adrenaline rushとslow fieldをお勧めする。
bannerを好む人もいるが使用しなかった。


modifiers

・Exploding Deathburst

  すぐにミッションを中止するべき。

・Healing deathburst
  クリアは可能だがとても時間がかかる。お勧めはミッションをすぐに中止する事。
  もし6,7ウェーブ目であった場合はクリアを目指しても良い。
  8ウェーブ目はmodifierが無くなる。

・acid pools
  問題ない。次のデコイを1~1.5タイル離して設置すれば良い。

・tank
  時間はかかるがクリア可能

・その他のmodifiers
  問題ない。

decoyを設置してトラップで倒す
全ての敵がdecoyの範囲に入るよう誘導する道を作り、decoyの範囲にガストラップを設置。
dynamoとdartsはキルカウントウェーブで役に立つ。

細かい重要なTips
・拠点はピラミッドで十分。
 複雑な拠点は避けるべき
 
・デコイを一人ずつ設置する 
 3人で回せるぐらいクールダウンは短い。
 いつ事故が起きるかわからないので、常にデコイを設置できるよう備えておきましょう。

・味方に番号をつける
 何度かチャレンジ40で試して味方に番号を振ることにした。
 デコイの設置とともに番号を言うので、次に設置する人が誰か全員わかる。
 幼稚に聞こえるかもしれないが、混乱を避ける最も簡単な方法である。

・敵の種類は何でもいい
 sploderはトラップより早く倒せるので当たり。
 takerはデコイが消えてすぐ攻撃してくる。
 smasherは面倒。デコイが見えず、デコイが消えたかも分からないときがある
 紫lobberの時は屋根を設置する必要あるので、3人でデコイを回す必要がある。

・同じ場所に固まらない
 お互いに近づかないよう動く。
 最悪のケースは全員同時に倒れている事。
 デコイのクールダウン中に2,3人倒れているときも致命的。

・敵が天井に乗っても問題ない
 敵は天井を攻撃せずデコイに向かう

・ストームが迫ってくるのでベースの近くでデコイを置く必要がある。
 
・2方向から敵が沸く場合は、ベースからみてその中間で合流するよう誘導する。

・デコイを設置する最適な場所や敵の誘導方法を見つけるまで何度か失敗するかもしれない

カテゴリ:
fortniteStWを構成する育成要素 ヒーロー 設計図 ホームベースパワー のうち設計図に絞って説明する。
なお、銃と近接、罠を一括りにしてまとめて設計図として扱う。

設計図育成の概要
 設計図の育成は設計図レベルと進化によるTier(★)の上昇と
 リコンボビュレーターによるperkの性能強化の二つがある。
 レベルアップはschematicXPを必要とし、Lv10,20,30,40の時に進化素材を要求する。
 perkの強化はperk upとre parkを使って最大Lv5まで強化できる。
 進化によるTierの上昇は設計図のレアリティ上昇ではない。
 設計図の進化には、その武器種に対応したスキルノードをアンロックする必要がある。

 設計図はTierで作成に必要な要求素材が変化します。
 素材が入手できず作成できないという事態に陥るので次の事を気をつけましょう。
 stonewoodでは★1まで
 plankertonでは★2まで(多くの人がここで★3にして嵌ります)
 cannyvalleyでは★3まで
 TwinePeaksでは★4まで
 これを超えて設計図のTierを上げると素材難易度が極端に上がります。
 ★5を常用出来ている人は過去の不具合で素材をdupeした人か、驚くほど暇な人。

設計図レベルによる効果
 レベルアップによって主に与えるダメージが上昇する。
 またレベルアップと進化によって設計図のperkがアンロックされる。
 進化させる事で大きくダメージが上昇するが、作成に必要な素材のTierも上昇する。

設計図のperk
 武器に付与されるperkの種類はランダムだが、その数値は固定となっている。
 ストア限定販売の設計図のみperkが固定されている。
 perkの効果については別記事にて書く予定。

リコンボビュレーター
 ランダムで付与されたperkの変更や強化を行うシステム
 perkは5段階のレアリティがあり、レアリティに対応したperkupと少量のreperkで強化する。
 またreperkを大量に消費してperkを変更する事が可能。
 銃と近接の5番目に付与されるperkのみ変更する事ができない。
 perkupとreperkは上級者でも日々探し求めるぐらい集めるのが大変なので
 3マップ目のcanny valleyに到達するまではあまり気にしなくても良いと思われる。
 
レアリティ
 ヒーローとは違いレアリティの差は大きい。攻撃力や耐久度にも差はあるが
 特にperk数に差があるため総合的な性能が大きく変わる。
 出来る事ならレジェンダリーを扱いたいが、
 レアリティが上昇すると素材の要求量が増加するため
 特に序盤においてはエピックやレアで妥協した方が良い事もある。
 罠に関しては、canny valleyをクリアする程度あれば全てレアでも良い。

 コモン:perk無し
 アンコモン:perk2個
 レア:perk3個
 エピック:perk4個
 レジェンダリ:perk5個
 ※罠の場合はperkが1個ずつ多い。

リサイクル
 不要になった設計図はリサイクルする事が出来る。
 既に育成していた場合は、その育成に要した素材の8~9割が戻ってくる。
 その為、育てやすいエピックである程度成長してからレジェンダリーに乗り換える
 といった方法を取ることができる。
 またレア以上のリサイクルによって進化素材のweapon designsとtrap designsが手に入る。

設計図レアリティの上昇 
 毎週ウィークリーストアで売られるフラックスを消費してレアリティを上昇可能。
 エピック→レジェンダリーに必要な数は100個。
 週に50個購入可能だが、武器や罠にも使う可能性はあるので計画的に使う必要がある。

設計図のリサーチ
 コレクションブックから設計図を直接入手する事が出来る。
 フラックスの他に大量のdesignsを要求する。
 初心者のうちは大量課金でもしないと利用できない。
 また大量課金していれば大抵の設計図は入手出来ているので使う事もない。
 上級者がコレクションブックを埋めるために利用するシステム。
 

fortniteStW基礎知識 ~ヒーロー編~

カテゴリ:
fortniteStWを構成する育成要素 ヒーロー 設計図 ホームベースパワー のうちヒーローに絞って説明する。

ヒーロー育成の概要
 ヒーローの育成についてはヒーローレベルと進化によるTier(★)の上昇がある。
 レベルアップはヒーローXPを必要とし、Lv10,20,30,40の時に進化素材を要求する。
 また進化はスキルツリーでアンロックする必要がある。
 進化によるTierの上昇はヒーローのレアリティ上昇ではない。

ヒーローレベルによる効果
 レベルアップによってヒーローのヘルス・シールド・アビリティの性能が上昇する。
 レベルを上昇させることで、サブクラス固有のperkがアンロックされる。
 perkはサブクラスで完全に固定されており、EPIC以上のレアリティであれば全て同じ。
 ヒーローを育てても射撃能力は強くならない。
 射撃能力を強くしたい場合はホームベースパワー編を参照の事。

ヒーロースクワッド
 fddd78c681c625a6246975caebf01a53

 ヒーローを設定する際に、3人を選ぶ事になるがセットする場所で意味合いが変わる。
 プライマリ(画面左):メインで操作するヒーロー
 サポート(画面中央):主にプライマリヒーローの能力の一部を上昇させる
 タクティカル(画面右):主にプライマリヒーローのアビリティ性能を変化させる
 サポート・タクティカルに入れたヒーローステータスの一部はプライマリに加算される。
 
 サポート・タクティカルの能力についてはサブクラスで固有となっており
 サポートについては進化させることで数値が上昇し(Tier3で最大値)、
 タクティカルについてはTier2に進化する事で効果が発動する。
 またサブクラスによってはサポートのみ、タクティカルのみ、両方持つなど特徴がある。
 両方持っていたとしてもセットしたスロットに合わせた効果しか発動しない。

レアリティ
 基本的にエピック未満のヒーローはperkの数が足りないため育てる必要はない。
 エピックとレジェンダリーの基礎ステータスの差は1割程度なので戦闘能力では誤差。
 その為、強いperkを持つヒーローであればエピックのままでも良い。
 最終的にはレジェンダリーに変えるべきだが、Lv100帯でも通用する。

ヒーローのリタイア
 不要になったヒーローはリタイアさせる事が出来る。
 既に育成していた場合は、その育成に要した素材の8~9割が戻ってくる。
 その為、育てやすいエピックである程度成長してからレジェンダリーに乗り換える
 といった方法を取ることができる。

ヒーローレアリティの上昇
426d7f1e9a50dedf19238a14e1d20e38
 毎週ウィークリーストアで売られるフラックスを消費してレアリティを上げることが出来る。
 エピック→レジェンダリーに必要な数は100個。
 週に50個購入可能で、武器や罠にも使える為、ご利用は計画的に。

 
ヒーローのリクルート
 c38f0c934052e77502260a114e01b9bc
 コレクションブックからヒーローを直接入手する事が出来る。
 フラックスの他に大量のトレーニングマニュアルを要求する。
 マニュアルの入手はレア以上のヒーローやサバイバーをリタイアさせる必要がある為
 初心者のうちは大量課金でもしないと利用できない。
 また大量課金していれば大抵のヒーローは入手出来ているので使う事もない。
 上級者がコレクションブックを埋めるために利用するシステム。

カテゴリ:
FortniteStWにはガチャの種類がいくつか存在しているが、基本的にイベント産装備が強いため、イベントラマ以外は開ける必要性が殆どない。
序盤ほどラマを購入したくなるが、後半になればなるほど後悔する事になるので、本当に必要かどうか検討してから購入する事をお勧めしたい。


ミニラマ
 ゲーム内で得られるガチャ。
 ミニというだけあって中身は微妙。
 ストアで使えるゴールドをが手に入る為、その調整用として開ける事が多い。
 中身は非イベント装備やヒーロー。
 一定確率で銀色になり中身がよくなる。

アップグレードラマ
 vbucks(課金ポイント)で回すガチャ。
 日本のソシャゲと比べてもかなり渋い内容となっていたが、ランダムで付与されるパークを
 自由に変更できる仕組みが追加され価値のないガチャとなった。
 イベントガチャ引換券としてあえて回す危険な人たちもいる。
 中身は非イベント装備やヒーロー、サバイバー、ディフェンダー
 一定確率で銀色、さらに一定確率で金色になり中身がよくなる。

イベントラマ
 ver5においてはロードトリップラマ
 ゲーム内のアラートミッションやイベントで手に入るチケットで開封できる。
 基本的にイベント装備は非イベント装備の上位互換といえる性能なので開けるべき。
 非イベント産+エピック以上のイベント装備やヒーローを確定で最低1個以上入手。
 銀や金色になる事はない。

デイリーラマ
 日替わりで内容が変わるラマ
 いくつか種類はあるが、本当に引く価値のあるものは
 サバイバーの出現率が最も高いピープルラマもしくはスーパーピープルラマ。
 余裕があればレジェンダリートロールトラックとSmörgåsbord Llamaもお勧め。
  

このページのトップヘ

見出し画像
×