アーカイブ

2019年01月

カテゴリ:
原文はコチラ

数か月振りの中身があるアップデートだなぁという印象。バグだったりどうでもいい調整はあったけどそれだけがずっと続いていたので、やっと”意味のある改善”という前向きな内容が見られたなという感じです。

・フロストナイトの新チャレンジはアンチャーテッドみたいな感じでしょうか。報酬はスペクトラルブレード。ヘビーアタックで敵にワープしてAOEダメージを与えるみたいなので危険なにおいがプンプンします。これヘビーアタックでもアビリティが発動するならエネルギーシーフの時代が来るかもしれません。エッジウェポン危ない。
ちなみに先週実装されたガーディアンウィルのリープアタックはアビリティが発動するのでエッジウェポンちょっと怪しいって感じでした。

・リープアタック空中発動
これで段差も余裕で登れるようになるのかな。1枠入れる事を検討したいかもしれない。近接(ニンジャ)の環境面がどんどん改善されていきますね。あとはヘビーアタックに攻撃速度が乗るようにしないとダメですよエピックくん。

→段差をらくらく乗り越えられるの便利すぎワロタでした。

・ウィークリーはジャバウォッキーランチャー。どういう挙動かわからないけどフロストナイト向きな予感がします。狭くて当てやすい所が多いのでブルグロ投入の支援用として使える可能性あり。

・X線ラマ
事前に説明が合った通り中身が見えるV-bucksで購入する方のラマ。ラマというかガチャというか当たりがミシックリードサバイバーとレジェンダリーサバイバーしかないんで、ガチャという体裁を取っている時点でダメだって気づいてくれな。当たりを引きやすくなるのはその通りだけど、根本原因は99%ゴミって所なのでま~た余計な工数かけて余計な事やってるって感じです。開発リソースが少ないってのは重々承知しているし開発が遅いのも我慢するけど検討違いなことばかりやられると違うでしょってなるじゃん。

→配布された5個分の無料X線ラマは日替わりじゃないっぽいので開けておいた方がいいのだけど、重複システムがバグってるので保留するという判断もありやなしやと。開けるにしろ保留するにしろリスクが発生しています。新システムぐらいテストしてくれ。

・フロストナイトのキャッシュ修正
どうせ最後に足りなくなるのはサバイバーとマニュアルなのでどうでもいい。進化素材はサバイバーXPを集める過程で勝手に溜まるから直しても直さなくても変わらないと思います。

・一括クラフト
1年半待ちました。お疲れ様です。結局20個まとめてキューいれるのにカーソルキー20連打必要だったら怒るよ。まぁこれでダウンティアクラフトが楽になりますね。理想は一度T4を作ったらずっとT4の常態にして欲しいって所ですけども。一応T5素材を全部倉庫に入れればT4状態を維持できるけど面倒すぎるんですよね。

→一度のキューで最大200個作れるようになってました。ただ普通は使った分だけ補給するので最大200まであるスライドバーをマウスでチョコチョコ動かして個数指定しないといけないのでちょっとコレじゃない感。最大値が大きすぎて1~10個ぐらいのオーダーが難しすぎるよ。今までよりはマシだけどやっぱEPICくん自分で作ったゲームを触ってないでしょ。

・箱プレイヤーの話は?
箱版は1か月ぐらいバグリまくっててまともに遊べてなかったはずなんだけど一言も触れてない。扱いが酷すぎでしょ…

・FPS問題
FPSによって集弾性能(ファイアーレート)が下がっていた問題にテコ入れが入った結果レイスみたいな武器はちょっと使いづらくなってました。

カテゴリ:
準備編はコチラ
戦略編はコチラ

  • 最初の準備期間
    ヘビーベース:西のベーコン畑に直行してベーコン回収。ベーコンは3分割分配。
    レイダー:基地周辺で資源回収のちに最初のトンネルを作成
    エンフォーサー:宝箱回収
    ストライカー:2時間ずっとファーム

    なお、序盤は役割を気にせずに、全員で建築だったりトラップを作成しています。
  • 1~5ウェーブ
    リスポーン用の天井や、ロバー避けを除いた基礎建築を終わらせる目安。テレポーターの設置もここらへんで完了しているのが望ましい。5ウェーブ目からロバーが出現するため5ウェーブ目の準備期間中に敵のスポーン位置までロバー避けの天井を設置したい。
    1ウェーブ終了時に準備期間で集めた素材を使ってバンドルバス作成し、ストライカーに渡してクランプス狩りを出来るようにしてました。

  • 6~10ウェーブ
    ここら辺からフロアランチャーも敷き詰め始める。ロバー避けの天井とスポーン狩りの天井を順次拡大していく。6,8ウェーブでミニボス出現。7ウェーブ目ぐらいからプロパンがちらほら出現しはじめる。

  • 11ウェーブ
    最初のテイカーウェーブ。準備期間中にジャンプパッドだったりディフェンダーを準備しておきたい。

  • 12~18ウェーブ
    平和な期間が続く。役割通りの選任作業を始める頃合い。選任作業は余裕があれば早めに移行したほうがいいです。射撃で倒す事を諦めるころ。

  • 19ウェーブ
    2回目のテイカーウェーブ。建築が完了していれば逃げ回っているだけでOK。

  • 20~22ウェーブ
    平和な期間。21ウェーブ目でミニボスが出てくるけどMODがきついなら無視してOK。

  • 23ウェーブ目
    プロパンウェーブ。投げようとしているプロパンが居たら落ち着いてベッツィーを当てましょう。胴打ちで怯むので誤射する事はありません。またプロパンが爆発して崩壊していたとしても、ウェーブ内容そのものはきつくないので無理して再建しなくても大丈夫です。ここら辺からテレポーターが死んだりするので要注意。クリア時は爆破されずにウェーブを終えました。

  • 24~25ウェーブ
    プロパンのお掃除やら復旧やらで忙しいけど防衛自体は楽な時間帯。資源が不足しがちでトラップ作成が辛くなるころ。

  • 26ウェーブ
    スマッシャーウェーブ。崩壊していくベース周辺の建築を眺めるウェーブ。もちろんベッツィーで妨害はするが壊れてもまぁええかの精神で乗り切る。プロパンの掃除が完璧であればサンタズリトルヘルパーをパナすのも手。バーナーのヘルス50%ぐらいでブルグロを投入しに行った方がいいです。ラグでバーナーのヘルスの表示が遅れているので唐突に壊れる事があります。

  • 27ウェーブ~29ウェーブ
    平和。28ウェーブ目にミニボスが出てきます。被害が出ないタイプのMODが出るように祈りましょう。クリア時はスモークスクリーンだったので倒すのを諦めて放置してました。

  • 30ウェーブ準備
    準備フェーズ中にバーナーのはるか上空まで足場を作り、そこに3F⇔バーナーテレポーターと青のジャンプパットを設置する。(参考)この通りに作る必要は無く出来ればバーナーの真上に陣取った方がいいです。青のジャンプパッドは落下ダメージを無くすためです。
    防衛ウェーブ開始時にバーナーを100%まで回復するのを忘れずに。


  • 30ウェーブ
    スマッシャー+テイカーウェーブ。運ゲー。スマッシャーを邪魔しようとするとテイカーに殺され、テイカーを倒そうとすると拠点が壊れ、ブルグロを入れようとするともみくちゃにされる。防衛は諦めて隙を見てブルーグロを投入して延命するという戦略を取るのが一般的。

    防衛開始時は上空に4人、もしくは上空に3人と囮役として3Fに一人という形。囮役はテイカーのタゲを少しでも取れればそれでいいかなという感じでホバーボートでグルグル回りながら拠点周辺の状況を監視して上空に伝える。
    上空組は地上の様子を伺いながらブルグロを投入していく。判断基準としてはほぼ確実に生還できる状況ならバーナーのヘルスに関係なくブルグロを入れにいく。バーナーのヘルスが50%を切っていたら死亡覚悟で飛び込む感じです。
    基本的にはテレポーターを使ってブルグロを入れに行きますが、敵が重なっているとテレポーターが使えないため、その場合はジャンプパッドを使って降ります。
    またブルグロを入れに行く際は必ずスロウフィールドを使用する事。テレポーターで送信できるので、ブルグロ投入まえに投げ込んでおくと生存率が大幅に上昇します。テレポーターが使えない場合は足場ギリギリに立つと真下にスロフィールドを落とせるのでこちらで代用。焦って落下死しないように(1ミス)

    バーナーのヘルスを直接減らす雑魚ハスクの数は少ないので、3個投入を3セットぐらいできればクリアです。

自分の環境でわかる事を全部書いたつもりなのだけど、もっと詳しくとかココがワカラナイとかあればコメントに書いてもらえれば答えます。

128フロストナイト攻略 戦略編

カテゴリ:
準備編はコチラ


<戦略>
小型の雑魚をトンネルで倒して、ハスキー以上の敵をフロアランチャーの落下ダメージで倒す。

<基本的な戦法>
文字だけで説明するのが大変なので打ち合わせの時に使った画像を張っておきます。2枚目は余計なものを省いたイメージ画像。こんな感じの建築を作ってプレイヤーは3Fに陣取って戦うのが基本的な戦い方。1Fから3Fに移動はテレポーターのみになってます。3Fから1Fへの移動は普通に飛び降りるだけです。

2fe1f3ae36e39b82ecbb5e5d3a41fe0d
3d13f20bc514e434cfc666caf83f77ad

<戦法の補足>

  • 画像の太線は1F部分のトンネルだったり進路誘導用の壁だったたりします。フロアランチャーゾーンの壁は無くてもいいかもしれません。

  • スマッシャー避け
    スマッシャーのチャージ対策として全方位にピラミッドパーツを置いてます。意味のわからないチャージはいろんなところで発生するので完全に防ぐことは出来ません。ベッツィーで妨害をしましょう。

  • フロアランチャーゾーン
    だいたい画像の通り。壁に関しては無くても問題ないと思ったりします。余裕がある時は壁にウォールランチャーやウォールライトを張りましょう。

  • 敵のスポーン位置
    フロアランチャーを敷き詰める用のスペースを作る為にトンネルが短くなっているので死なない敵が増えてきます。その対策として敵のスポーンの真上までガストラップを敷き詰める必要があります。また、このスポーンまで敷き詰めた天井トラップはロバー・フリンガー対策を兼ねています。

  • 3Fまでの壁
    基本的な建築というだけで、ここからさらにロバー・フリンガー対策の屋根を広げていきます。バルーンを拾いやすくする目的もあるのでかなり広範囲に広げます。表には書いてありませんが南西の小屋の2F3Fを壊して置きなおした方がいいです。小屋の隙間を狙ってロバーが砲撃し始めます。

  • テレポーター
    T1とT2のテレポーターはプロパン掃除用とストライカーの資材受け渡しを兼ねてます。T1'とT2'はもっと離れた場所に置いてあり、ストライカー役はここに資源を捨てます。T3はバーナーの中に置いてブルグロを安全に入れる用。T3'は3F部分ならどこでも。バーナー周辺に敵がいる場合は使えなくなる事があります。T4は1Fから3Fに移動するためだけのものですがT3が使えない時の保険にもなってます。またテレポーターは時々お亡くなりになります。置きなおす必要があるので誰のテレポーターでどこに置けばいいかを全員が把握しておいたほうがいいです。

<その他>
  • オールドベッツィーはプロパン胴打ちでも怯ませる事が出来るので丁寧に処理すれば爆破させずにクリアできます。2回目とクリアした時はプロパンの爆破はありませんでした。バンドルバスは10ウェーブ以降ほとんど撃ってないです。どの敵に対してもフロアランチャーで打ち上がるまでベッツィーで妨害する感じです。

  • 資源に余裕がある時は、壁の強化を忘れないように。

  • 建材は鉄が全然手に入らないので拠点周辺のみ鉄、壁は石、床は木か石にしていました。3Fまでの壁は全部木でいいです。

  • 役割分担を決めておくこと。
    特に、中の3人は常に忙しいのでトラップを作って配る人、プロパンをメンテする人、トラップのメンテする人などの役割を決めておいた方が良いです。僕たちのチームではヘビーベースがトラップを作ったり資源拾ったり罠をメンテしたりバルーンの回収をしてました。レイダーはプロパン掃除メインの補助としてトラップメンテ、エンフォーサーはトラップメンテメインの補助としてプロパン掃除。

  • バルーンの回収は大事。なのだけど防衛フェーズになってから拾いに行った方がいいです。準備フェーズに拾うのは時間の無駄です。

  • テイカー対策
    よくある小屋を沢山つくって逃げ込む方式ではなく、3Fの周囲に8か所ジャンプパッドを置いて飛び回るか、ジャンプパッドで間合いを離したあとにホバーボートにのってグルグルまわってました。また死因の殆どがテイカーが居たことに気づかずに殺される事だったので、テイカーを見かけたり声が聞こえた場合は味方に報告するようにしてました。また敵のスポーン真上にいると狙われやすいです。
    8629af9015f24bc34d459ed624eae9f8


  • ディフェンダー
    北東方向にまとめて4体のスナイパーディフェンダーを置いていました。地上を撃ち過ぎないように6Fに相当する足場を用意して設置してました。テイカーは倒してくれるし適度に地上の敵を妨害してくれます。なるべくトンネルの出口付近を撃たないような配置にしないとプロパンを誤射します。敵が強すぎるので4人をまとめて置いておかないとテイカーに各個撃破されて仕事をしてくれません。
    72676aabc55b2eaee17a0ac2d2a07095

  • BASEの位置はバーナーの2F。上空まで建築を伸ばして天井パーツにつなげて1F部分が壊れてもベースが生き残るようにしていました。1Fに延命目的の壁を置くだけでベースの機能が復活します。
    c18ec7a07abf60a13ae9b6a1d8319507

  • アイテムの受け渡しだったり、装備の分解だったりそういう面倒で時間がかかるものは全て防衛ウェーブ中に行っていました。準備フェーズの時間が短すぎるのでそうせざるを得ないといった感じです。無防備になるので安全な場所を探しましょう。

  • 足りなくなる素材は粗鉱石とベーコン。ストライカーがんば。サプライドロップだったりバルーンで出てくるトラップを分解して必死にかき集めてました。サバイバーボーナスをもっと積めばもう少し楽になっていたかもしれない。

  • ミニボス
    倒せるMODなら倒す、倒せないMODは放置という感じでやってました。無理して倒す事を考えるより侵入してきた敵を妨害していた方がいいです。

  • フロアランチャーエリアより外のトンネル部分。
    天井はガストラップのみ。壁は押し返せる位置ならウォールランチャー、それ以外はウォールライト。床は木製フロアスパイクを1タイルもしくは2タイルおきに設置して、その間にフロアランチャーかフリーズトラップを置く。

  • ブルグロの投入タイミングはバーナーのヘルスが25%を切ってから。25%以下まで減らすとブルーグロのバルーンが2ウェーブ毎に振ってきます。



大体の問題は時間が足りない事が原因なので、何度か挑戦して慣れてくればわりとあっさり30ウェーブ目までいけると思います。鬼門になる23,26,30ウェーブはまた後日。

カテゴリ:
  • とても長くなりそうだったので、記事を二つに分ける事にしました。もしかしたら戦略編と実践編の3つになるかもしれません。

  • 使ったヒーロー
    1. ヘビーベース(サポート:自由 タクティカル:パワーベース)
    2. レイダー(サポート:自由 タクティカル:ファーストショット)
    3. ストライカー(サポート:快速、タクティカル:自由)
    4. エンフォーサー(サポート:自由、タクティカル:コマンドー)

    サポートとタクティカルの選択はそこまで重要ではないと思います。私はヘビーベースで、サポートをリロード速度にしてました。打ち合わせの時もどうせ敵は倒せないから自由でいいよと伝えて何を使っていたのか確認もしませんでした。またエンフォーサーについては、必要だからという理由ではなく消去法で選びました。他のヒーローを選択しても問題ないと思います。ストライカーの快速はフェーズスカウトもしくはワイルドフラグメント。

  • 使ったガジェット
    ヘビーベース(スロウ/テレポーター)
    レイダー(スロウ/テレポーター)
    ストライカー(サプライ/テレポーター)
    エンフォーサー(スロウ/テレポーター)

    移動の手間を減らすためにテレポーターを4台導入。テレポーターの用途としては、バーナー周辺の移動に2個、資材の受け渡しに2個使っていました。テレポーターは減らしていいと思います。スロウもあんまり使ってなかったので減らしていい気がします。

  • 使った武器
    1. バンドルバス
    2. オールドベッツィ

    バンドルバスは倒す用、オールドベッツィは仰け反り用。多用するのはベッツィでバンドルバスの出番はあまりありません。そのほか、アーマー付き近接があると良いかもしれません。クリア時は1本も作れなかったのですがサンタズリトルヘルパーも準備してました。

  • 使ったトラップ
    1. ガストラップ
    2. ウォールライト
    3. ウォールランチャー
    4. フリーズトラップ
    5. 木製フロアスパイク
    6. フロアランチャー
    7. 憩いのたき火

    木製フロアスパイクはエピックでも問題ないです鈍足以外の目的はありません。憩いのたき火はストライカーが自分のヘルスを回復するためだけに使います。フリーズは使っていたけどたぶん要らない気がします。

  • サバイバースクワッド
    これはだれか一人でいいのですが、トラップ耐久性のサバイバーをこれでもかというほど詰め込む必要があります。今回のチームでは私が担当してトラップ耐久20セットの160%ブーストでやりました。性格やレアリティは気にせずぶち込んでいいです。最低ラインはなんとも言えませんが、有れば有るほど楽になります。


  • プレイヤーを3人集めましょう。
    割とこまめに連絡をとったり、指示したりするので同じメンバーで挑戦できる環境を作った方がいいです。

  • 打ち合わせ
    戦略の説明の他、役割分担や、テレポーターの位置など事前に決めておいた方がいい事が多いので打ち合わせの時間を作りましょう。

  • 諦めない心
    いまでもクリアは運ゲーという認識を持っているので、失敗を前提として挑戦する必要があると思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×